はじめてみる{ 体験する }
Update on 2018.02.10

暮らすように巡る、埼玉体験。”クラフトワークをめぐる旅” モニター募集

2018年3月4日(日)/日帰り

参加する

東京のおとなり・埼玉県。
都心から近すぎるゆえに、なかなかイメージが湧かない。そんな風に思う人は多いかもしれない。
でも、そんな人にこそ知ってほしい “埼玉の楽しみかた” がある。

暮らしのすぐ隣に、畑や自然がある。
暮らしのすぐ隣に、遊べる場所がある。
暮らしのすぐ隣に、訪ねたい人がいる———。

埼玉の面白さは、そんな暮らしの延長にある日々の楽しみかた。

普通の観光地に行っても満足できない人、埼玉を楽しんでみたいと思った人へ。
今回は、 “埼玉のクラフトの楽しみかた” をお届けします。



自然と地域と人をつなぐ、エコツーリズムの取り組み


飯能市というと、”エコツーリズムのまち” として知っている方も多いかもしれません。

そもそも ”エコツーリズム” とは、自然や歴史文化をいかした体験や学びのプログラムを観光の一つとし、その価値や魅力を伝えていくことで、地域の自然環境や歴史文化の保全に繋げていく観光のありかたを言います。

『地域の資源をいかして観光に繋げていく』

地域の人たちが自分の地域を見直し、地域の資源から周りに発信できるコンテンツを手づくりで生み出していく、そんな取り組みを2004年から続けているのが飯能市なんです。

昨年、TURNSで企画した移住体験ツアーでも、エコツアーの一つである「お散歩マーケット」に参加してきました。

ツアーでは、そんな地域の手づくりコンテンツが体験できる、飯能産の木材「西川材」をつかった木工ワークショップやアウトドアランチを堪能します。



比企地域に広がる、食と農と遊びのスペシャリストたち


比企地域は、埼玉県のちょうど真ん中あたり。9市町村から構成されるこのエリアは、ユネスコ無形文化遺産に登録された”細川紙”で注目を浴びていたり、”有機農業の聖地”と呼ばれる小川町を起点に農ある暮らしを実践する人が次々と移住していたりと、密かに人気を集める里山なのです。

そんな比企地域で活動する人たちを見ていると、食に対する関心や農業に対する意識が高いことはもちろんのこと、自分の暮らしを楽しむのが上手な人たちが多い気がしています。

”思いついたらすぐやってみる。そしたら案外面白いことができた。”

それくらいのフットワークさで、暮らしも食も遊びも作ってしまう活動は、どんなことでも楽しむことの大切さを教えてくれるようです。

TURNSの読者レポーターと一緒に、農ある暮らし体験にお伺いし、ゆずを絞ってきました!

ランチの後は、そんな比企地域の中でも特に移住者が多いと言われているときがわ町で、現地の人たちと交流しながら食のワークショップを開催します。

***

その地に暮らす人々と一緒に、その土地のフィールドを最大限いかして遊んでみる。
そんな新たな観光のありかたを探るため、まずは身近にある埼玉で一緒に楽しんでみませんか?


「埼玉を楽しんでいく会」メンバーも随時募集中!!

東京から離れずに暮らしを楽しみたい!埼玉出身だけど、埼玉について考えたことがなかった!埼玉に住んでいるけど、もっと知ってみたい!などなど、どなたでもご参加できます。ツアー参加をご希望の方は、ぜひに♩

https://www.facebook.com/groups/1223198677739827/

※「埼玉を楽しんでいく会」は、2016年に開催したTURNSツアーがきっかけとなり発足した、埼玉県内外の人々が気軽にイベント情報や情報発信、交流を行うための場です。観光マップには載っていない、ディープな埼玉情報などお届けしています。



Information
開催日2018年3月4日(日)/日帰り
地図
アクセス【当日の集合場所について】
3/4(日)AM9:30 西武池袋線「飯能駅」改札前

※集合場所までの交通費は自己負担にてお願いいたします
※現地では貸切バスにて移動いたします
※解散場所は、東武東上線「小川町駅」を予定しております
(集合・解散場所が異なりますのでご注意ください)
定員20名程度 
※申込者多数の場合は、抽選とさせていただきます
参加費大人ひとり 2,000円/子供ひとり 800円(税込)
※昼食代/現地移動交通費/体験費 含む

※ご家族・お子様連れでのご参加も大歓迎です!お気軽にお問い合わせください!
主催主催:埼玉県物産観光協会/企画協力:TURNS(第一プログレス)/旅行企画・実施:近畿日本ツーリスト株式会社
内容※ツアー中は、基本的に参加費以外かかりませんが、解散後に開催予定の懇親会については個別負担とさせていただきますのでご了承ください。

※本ツアーは、埼玉県物産観光協会より弊社が委託を受けて行うモニターツアーです。ご参加いただく方は、アンケートにご協力いただきます。


Time Schedule
3/4(日) ※プログラムは変更になる場合がございます。
9:30 西武池袋線「飯能駅」集合
10:10 名栗湖周辺に到着 「飯能の自然を満喫!」

飯能市のエコツーリズムでも活躍中の「里山こらぼ」さんと一緒に、西川材を使ったクラフトワークを体験します。そのまま春の訪れを感じるかのように、自然の中でのアウトドアランチをみんなで堪能しましょう。
(13:00 バス移動)
14:00 ときがわ町へ到着 「ときがわの食を満喫!」

小川町と共に有機農業がさかんなときがわ町は、食にまつわる活動も多数!そんなときがわ町では食と農のクラフトワークを楽しんでもらおうと、地域の方々と一緒に土や食に触れるワークショップをご用意。この時期の旬、なんだか想像してみてください。
18:00 東武東上線「小川町駅」解散予定

※18:30〜より小川町周辺にて現地の方々との懇親会を予定しております

参加する
  • Share on
このページのTopへ