はじめてみる{ 体験する }
Update on 2017.12.28

雪まみれ!人生と向き合う飛騨ツアー

2018年2月10日(土)11(日)/1泊2日【名古屋発着バスツアー】

TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


しんしんと降る雪の中で暮らす人々は、
生きる術を知っているかもしれない。


岐阜県の最北、飛騨地方。
いまや世界中から観光客が訪れる場所。

そこには、昔から受け継がれてきた自然と共に生きる人々の営みや文化が、ひしひしと伝わってくるような、少し懐かしい日本の原風景や暮らし方が広がっています。

そんな飛騨エリアだからこそ、この地に惹かれて移住するヒト、新しく事を起こすヒトが増えているのかもしれません。


特に、この季節。
日本有数の豪雪地帯でもある飛騨エリアは、一面が銀世界に覆われてしまいます。

一見すると、冬の厳しい寒さは暮らす人々にとって辛い時期のように感じますが、一方で、冬だからこそ味わえる自然の雄大さや、まわりの人々の暖かさを実感する瞬間も溢れているように思います。そして、みんなで集まって肩を寄せ合って飲むお酒の美味しさも格別だとか。

そんな飛騨で生きる人々の暮らしぶりには、生きていくためのヒントが隠されている。
まさに人生と向き合うにはぴったりな場所なのではと思うのです。



とは言っても、なかなか自分で足を踏み入れるのには勇気が入りますよね。
特に雪国で暮らしたことがない人にとっては、ハードルが高い気がします。ふらっとは行きにくい…

そんなわけで!みんなで冬の飛騨に乗り込める、名古屋発着の1泊2日のバスツアーが開催されるそうですよ!
しかも、名古屋まで自力でいけば、そのほかの参加費は、まるっと含めて5,000円とのこと。

これはかなりお得です。
限定20名なので、ぜひこの機会に飛騨をのぞいてみてはいかがでしょう?




飛騨古川と白川村。ふたつのまちのキーパーソンたちに出会える


ちなみに、このツアーの一押しポイントは、飛騨古川と白川村、二つのまちでそれぞれ活躍する移住者たちに出会えること。

飛騨古川では、知る人ぞ知る、その暮らしぶりから人々を惹きつけてやまない白石夫妻。
白川村では、空き家再生から地域の魅力発信まで、次々と新しいことに取り組み続けている柴原さんや地域おこし協力隊の仲間たち。

ほかにも、キーパーソンたちに一挙に出会える、まさに会いたい人に会える旅になっていますよ。

***

白川村について詳しく知りたい方にはぜひ、「白川郷ヒト大学」を紹介したコチラの記事を読んでいただきたいです!

https://www.turns.jp/start/11770


そして、白川村の移住体験住宅「だいだいどころ」もコチラでご紹介してますよ!

https://www.turns.jp/start/11979


▽岐阜県の最新情報が欲しい方は、Facebookもぜひフォローください!
https://www.facebook.com/gifuijyu(清流の国ぎふ Facebookページ)



Information
開催日2018年2月10日(土)11(日)/1泊2日【名古屋発着バスツアー】
宿泊ゲストハウス mother’s house
地図
住所岐阜県飛騨市古川町末広町2−14
アクセス【当日の集合場所について】
2/10(土)AM8:45 「名古屋」駅

※集合場所の詳細はお申込後にご確認ください
定員20名 ※要予約
参加費ひとり5,000円
※大人・小人(3歳以上)同額
※参加費には、バス代の他、朝・夕食各1回分、体験、宿泊、国内旅行傷害保険にかかる費用を含みます
※名古屋駅までの交通費は参加者負担となります
※ツアー開催日の20日前からキャンセル料が発生します
主催岐阜県/旅行主催・実施:名鉄観光サービス株式会社
内容・お申し込み多数の場合は抽選となります
・2歳以下のお子様はシートベルトの着用が困難なため、お申し込みはご遠慮ください
・最少催行人数は10名、添乗員は同行しません
・参加者にはツアー中、アンケートにご協力いただきます
参加方法チラシ裏面の申込書にご記入の上、FAXまたは郵送にてお申込みいただくか、ページ下部の「詳細・お問い合わせ」ボタンよりリンク先からお申込みください。
チラシはこちらよりダウンロードください
お問い合わせ先〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町7丁目1番地MCビル内
名鉄観光サービス株式会社岐阜支店 暮らし体験ツアー係(担当:中尾・横山)
TEL:058-265-8103 FAX:058-263-5059
Eメール:gifu@mwt.co.jp(営業時間:9:00~18:00/土日祝休)


Time Schedule
【1日目(2/10土)】 ※行程は変更になる場合がございます。
9:00 名古屋駅発
=飛騨市古川着(各自昼食)=古川まちあるき・酒蔵・壱之町珈琲店=民芸陶器の店やわい屋(移築古民家)見学=ゲストハウス mother’s house着=夕食 地元の方との交流会
【2日目(2/11日)】
8:30 飛騨市古川出発=アオイロカフェ(白川村)着=妙幸(移住者がオープンした蕎麦屋)訪問 蕎麦試食=白川郷散策(各自昼食)=移住体験住宅だいだいどころ見学=白川村出発
18:00 名古屋駅着

参加する
  • Share on
このページのTopへ