はじめてみる{ 体験する }
Update on 2017.10.02

やまぐち移住就農セミナー~実は山口がすごい!!~

2017年10月14日(土)

TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


山口県と聞いて、どんなことが思い浮かぶでしょうか?

実は、山口県はとても住みやすいところで、担い手支援や新規就農など農業の取り組みを積極的に行っている地域なんです。そんな山口県の魅力や移住農業についてたっぷり知ることができるセミナーが10月14日(土)に東京で開催されます。特に、移住や農業に興味がある方におすすめの内容になっています。

おいしい地酒を堪能しながら、地元の魅力、そして各市のみなさんから農業について直接話を聞いてみてはいかがでしょうか。


本州の最西端に位置する山口県。

日本海、瀬戸内海、響灘の三方を海に開かれ、約1,500キロメートルに及ぶ長い海岸線、エメラルドグリーンの海と美しい砂浜は圧巻の景色です。ほかにも自然豊かで美しい山、川に囲まれ、気候は温暖。それでいて、風水害や地震も比較的少なく、四季折々、変化を楽しめる住み心地の良さがすばらしいところです。

ちなみに、あまり知らない人もいるかもしれませんが、初代総理大臣だった伊藤博文をはじめ佐藤栄作、安倍晋三といった歴代総理大臣を8人も輩出した、才ある人たちが誕生しているのも特徴です。

そして、山口といえば、「ふぐ」が有名ですが、他にも独自開発したオリジナル柑橘「ゆめほっぺ」、オリジナル地鶏「長州黒かしわ」、水揚げは全国トップクラスの「のどぐろ」、県産の原木を使用して生産される「特選乾椎茸」、そして全国で唯一9年連続で出荷量が伸びている「やまぐちの地酒」…全国に誇る農林水産物が数多くあります。


今回、セミナーでは就農支援に積極的な4市(岩国市、山口市、周南市、防府市)が参加します。そこで4市を簡単にご紹介。

岩国市
空港と新幹線駅があり交通の便が良く、また、道路整備が進んでおり、ほとんどの集落から車で1時間以内の場所に総合病院、保育園、小学校があります。南北に広がり、冷涼な高原地域から温暖な沿岸地域までの多様な気候を生かし、水稲、野菜、花き、畜産(牛、豚)、果樹(岩国れんこん、いちご、わさびなど)といった様々な品目が生産されています。


山口市
中心部には複数の大学などの高等教育機関や湯田温泉などの観光拠点があり、多様な地域特性を持った、「都市」と「田舎」が程よく共存するまち。トマト、イチゴ、特産品の「やまのいも」などの栽培が盛んです。


周南市
県東南部に位置し、海岸線に沿って大規模工業が立地し、それに接する比較的幅の狭い市街地が続いていることや、広大でなだらかな丘陵地、農山村地帯が散在しています。また、島しょ部は、瀬戸内海国立公園区域にも指定されるなど、美しい自然景観を有しています。多様性に富んだ地形により、水稲、麦、大豆はもちろん、ブドウやナシなどの果物、自然薯やサトイモ、施設栽培によるトマトやほうれんそうなど多種多様な農作物が生産されています。


防府市
年間平均気温は16.1度と比較的温暖な地域。温暖な気候を生かし、水稲、野菜(春菊、小松菜、いちご、トマト、きゅうり、白ねぎ、たまねぎ、なす等)、花き(カーネーション等)、果樹(温州みかん等)、畜産といったものが主に生産されています。また、各種医療機関は100以上あり、子どもの医療費は小学校卒業まで無料となっています。小・中・高校、農業大学校など多くの学校もあり、子育てしやすい環境が整っているまち。


今回のセミナーでは、大きく2つのプログラムがあります。

まずひとつめは、やまぐち地酒の紹介です。お話していただくのは、酒井酒造株式会社の酒井社長。


「山口県の風土が育んだ米と水、人を三位一体にしなければならない」
と強くこだわる酒井酒造が手がける地酒「五橋(ごきょう)」は、錦川にかかる五連の反り橋「錦帯橋」の優美さを願い、心と心の掛け橋にとの思いを込めて命名されたそう。山口を愛し、酒造りにとことんこだわる酒井社長が、地酒について、そして地元の魅力をお話してくださいます。

そしてもうひとつは、就農・就業・移住の個別相談会。

山口県は、担い手支援日本一を目指し、新規就業者に向けた取り組みを2015年度から展開しています。取り組みの一環として2017年度は、「県内産地視察バスツアー」や「現地就農体験」を加えた「移住就農加速化事業」を創設しました。

今回は、岩国市、山口市、周南市、防府市と、山口県集落営農法人連携協議会、(一社)農業会議、山口県立農業大学校、(公財)やまぐち農林振興公社、やまぐち暮らし東京支援センターといった、移住就農に積極的に取り組む団体が参加するので、移住や就農に関することなど、どんな小さなことでも相談できます。

***

移住したい、農業をやってみたい、山口県ってどんなところか知りたいと思う方は、ぜひ参加してみてください。

おいしい地酒を堪能しながら、地元の方たちの生の声を聴ける素敵な時間になると思います。



Information
開催日2017年10月14日(土)
時間13:00〜16:30(受付開始:12:30〜)
宿泊第一プログレス TURNSコミュニティスペース 東京交通会館9F
地図
住所東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館9階
アクセス有楽町駅から徒歩1分
定員30名
参加費無料
入退場自由
※セミナーの参加は申し込み先着順30名です。
主催公益財団法人 やまぐち農林振興公社・山口県、【共催】山口県酒造組合
内容・山口県の地酒紹介(酒井酒造(株)酒井社長)
・個別での就農・就業・移住相談
【出展団体】
岩国市、山口市、周南市、防府市、山口県集落営農法人連携協議会、(一社)農業会議、山口県立農業大学校、(公財)やまぐち農林振興公社、やまぐち暮らし東京支援センター など

  • Share on
このページのTopへ