はじめてみる{ 体験する }
Update on 2017.07.31

親子の北海道北斗市交流ツアー『キミとボクとホクト ツアー』 (東京発)

10月7日(土)〜 10月9日(月・祝)

お子様と新幹線で参加できるモニターツアーです!

地方での子育てに興味がある、自然の中での暮らしをすこし体験してみたい…。そんな方々のための、お子様と参加していただけるモニターツアーの募集です。二泊三日で地方での暮らしと、旅行では体験できない地域のご家族との交流を体験してみませんか?

お子様とツアーで北海道・北斗市を巡ります!

新幹線開通で注目される北海道北斗市は函館市の隣に位置した、暮らしやすさと自然が同居しているまち。そしてさまざまな子育て支援策が整う、子育てファミリーにやさしいまちでもあります。
津軽海峡や函館湾に面し、大野平野には大規模な農耕地が広がる恵まれた自然環境。北海道の中でも気候は温暖で、新鮮な野菜に魚、美味しい食べ物もいっぱいです。

★参加条件 =======================================

※ママとお子様(+パパ)でご参加いただける方(0歳〜12歳までのお子様が対象となります)
 ・必ずママとお子様、もしくはママ・パパとお子様でご参加ください。
  パパとお子様の組み合わせでは参加できません。
 ・お子様のご参加はひと家族最大3名様まで

※9月10日に東京で開催する説明会&交流会「おしゃべりじかん キミとボクとホクト」(下記)にご参加いただける方

================================================

今回のツアーでは、お子さまといっしょに、北斗市の生活や文化、自然を体験していただきます。2泊3日のプログラムで、お子さまの楽しめるスポットや農業体験をはじめ、通常の旅行にはない現地の子育てママとの交流も。都会とは違った地方でのリアルな暮らしがわかります。新幹線で行ける北斗市(新函館北斗駅)なので、小さなお子様も気軽にご参加できます!


■イベント企画:株式会社第一プログレス

■旅行企画・実施:株式会社日本旅行北海道 観光庁長官登録旅行業第1674号
〒060-0061 札幌市中央区南1条西4丁目 日本旅行札幌ビル

 
※掲載写真は全てイメージです

★事前説明会&交流会
『おしゃべりじかん キミとボクとホクト』
開催日:9月10日(日)

ツアーの参加希望の方々に向けた説明と、訪問先の北海道北斗市在住のママたち、さらに移住と地方での子育ての実践者であるアサイアサミさんたちとのお茶会気分の交流会。皆さんの理想の暮らしや、地方での暮らしで気になることなどもお聞かせ下さい!

時 間:11:00~14:00(10:30開場)

会 場:第一プログレス TURNSコミュニティスペース
     有楽町東京交通会館ビル9F

参加費:無料 お子さま連れの参加もOKです。


お問い合わせ・エントリー先============================================

株式会社第一プログレス 「北海道北斗市モニターツアー」担当/坂本
tell : 03-6269-9732(9:30-18:00 土日祝除く)

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館ビル 9F

※当ツアーは株式会社日本旅行北海道が旅行企画・実施する「募集型企画旅行」です。



Information
開催日10月7日(土)〜 10月9日(月・祝)
宿泊東前温泉しんわの湯 ホテル秋田屋(1日目) ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗(2日目)
定員最少催行人員:12名 定員:16名
参加費お一人さま 大人20,000円  子供 2歳迄は無料 3才〜12才 5,000円 (札幌駅発着/2泊3日2名〜5名1室利用) ※旅行代金は消費税込みです
申込締切:8月31日(木)

■食事:朝2回・昼3回・夕2回
■添乗員:全行程同行します
■札幌駅発着
■利用バス会社:北海道観光バス
内容ツアースケジュール

1日目…8:00に東京駅集合 新幹線移動→昼食+ルルド洞窟探検 & ハイキング→ホテルにて夕食

2日目…北斗市市民スポーツの集い参加→農園での収穫体験 & BBQ→個別レクリエーション→ホテルでの夕食

3日目…きひじき高原や北斗市の要所を巡ります→昼食(バイキング) + 閉会式→新函館北斗駅より新幹線移動 19:04に東京駅着予定


Guest & Point
ツアーサポーター アサイアサミさん
2012年に東京から岡山県へ移住し、地方での生活と子育てを実践。雑誌「リンネル」や「BRUTUS」、「TURNS」「greenz.jp」などのライターとして活躍中しています。

申し込み受付を終了しました。
  • Share on
このページのTopへ