はたらいてみる{ 鹿児島県指宿市 }
Update on 2017.04.14

いぶすき市「 歩いて楽しめる指宿(まち)づくり」

商店街活性化を仕掛ける地域おこし協力隊募集!

鹿児島県薩摩半島の最南端に位置する指宿いぶすき市は、平均気温19度と年中暖かい気候に恵まれた地域です。
日本有数の景勝地としても数えられ、海と山の両方の魅力を味わえるこの地で昨年に引続き、地域おこし協力隊員を募集することになりました。

温泉と浦島太郎と幻のイッシーのまち!?


まずは湯治場としての歴史と伝説のあるいぶすきについて紹介していきましょう。(参考:いぶすき観光ネット)

砂むし温泉

300年もの昔から湯治として人々に愛され、世界でも珍しい「砂むし温泉」をご存知ですか?
砂むしに入ると心拍出量が増え、深部体温が上がり、デトックス効果抜群。
砂むしの湯治効果は、普通の温泉のなんと3〜4倍ともいわれるそうです。

新永吉棚田
九州最大の湖もあります。「池田湖」は日本で4番目に深い湖で、幻の怪獣「イッシー」の伝説もあるとか。

オクラ
いぶすきは温暖で水も豊かな地域のため、一年を通してほぼ毎日収穫ができる作物があるという日本屈指の恵まれた土地です。日本一の生産量を誇る指宿産そら豆やオクラ等、南国の太陽をいっぱいに浴びた農作物が自慢です。

龍宮神社
薩摩半島の最南端に突き出た「長崎鼻」という岬は、浦島太郎が竜宮へ旅立った岬と言い伝えられ「竜宮鼻」の別名を持っています。近くには乙姫様を祀ったという伝説のある龍宮神社があり、浦島太郎と乙姫様が出会った縁結びの神様として大切にされています。




商店街からまちを元気に


そんな、行ったことがなくてもどこか親しみを感じる指宿いぶすきでも、一方では本市の玄関口であるJR指宿駅前の商店街は、郊外型の大型店舗の進出や消費者ニーズの多様化、ネット通販などに代表されるライフスタイルの変化など、様々な理由により売上が減少し、活気に乏しい店舗が増えております。
加えて、少子高齢化が進み人口減少に伴う購買力の低下や事業主の高齢化、後継者不足など、複合的な理由で閉店する店舗も増えており、商店街の賑わいの喪失や商業機能の低下、まちの空洞化、空き店舗の増加などが深刻な問題となっています。



隊員に期待することについて、 指宿市の担当 迫英彦さん(写真左)にお聞きしました。

「今回募集する地域おこし協力隊員には、主に商店街の活性化に取り組んでいただきます。南国指宿のイメージにふさわしい商店街通りの雰囲気づくりや、空き店舗にて創業しやすい環境作りをし、観光客等が楽しみにしている“街歩き”“食べ歩き”に人気のあるカフェやスウィーツ店等の多種多様な店が立ち並ぶ通りにするなど、賑わいを取り戻すための仕掛けを市担当と一緒に企画・運営していただきたける方を募集しています。
商店街通りの会員等と積極的に関わりながら、観光客や市民が散策したくなるような魅力ある商店街づくりに取り組んでもらいたいと思います。」



あなたの力(アイディア)が必要です!!


TURNS読者のみなさまの中には、移住先や地域について調べたり、地方を訪れる中で、「もっとこんな情報や取り組みがあったらいいのに」「ここならこんな面白い事ができそう」など感じてきた方も多いのではないでしょうか。
地域おこし協力隊の仕事は、市の担当者や商店街の方々(住民)と一緒になって、いぶすきのまち(商店街)を活性化していくことが主な業務になるので、さまざまな人の間に入り対話や交流を重ね、信頼を得ていく根気あるコミュニケーションが大切になってきます。楽には行かないことも数あるかと思いますが、まちづくりに関心がある方や、アイデアを形にするのが得意な方、「リノベーション」「コミュニティデザイン」という言葉にピンとくる方には、きっとやりがいがあるはずです。

また、寒い地域が苦手で暖かな場所へ移住を希望している方にとっても、気候が温暖で人も穏やかな指宿市での暮らしはしっくりくるかもしれません。

ハイビスカス
最後に、迫さんからメッセージをいただきました。

「いぶすきは、温暖な気候や豊富な温泉、美しい自然環境に恵まれた観光と農業のまちです。
配湯事業により保湿成分たっぷりの天然温泉が自宅で楽しめる地域もあるんですよ。地域の方々の温かい人柄も魅力です。
地域とのつながり、美しい自然景観や温泉で癒されてみませんか?」

いぶすきを一緒に盛り上げていく方のご応募、お待ちしています!!




Information
勤務地指宿市役所1階(商工水産課内)。一定期間勤務後は、指宿中央通商店街通りの事務所で勤務して頂く予定です。
雇用形態指宿市臨時職員
平成29年8月1日から平成30年3月31日まで
(着任日は応相談)それ以降は、最長平成32年7月31日までの採用を検討します。
募集人数:2名
給与月額180,000円
福利厚生(1)社会保険(健康保険・厚生年金)・労働保険(雇用保険・労災保険)に加入します。※自己負担があります。
(2)住居は市が借り上げたものを無償貸与します。(光熱水費等は自己負担)
(3)協力活動に使用する自動車は、市が公用車を準備し、燃料費も市が全額負担します。
(4)勤務場所で協力活動に使用するパソコンおよびプリンター等は、市が用意したものを無償貸与します。
(5)活動に関する経費(実費)は、予算の範囲内で必要に応じ支給します。
(6)休日は、土・日曜日、祝日、年末年始です。(その他有給休暇があります。)
(活動内容によって休日は、平日に振り替える必要があります。)

※ 休暇は、指宿市地域おこし協力隊員設置要綱に準じます。
※ 活動内容に応じ、調整する場合があります。その際は、振替対応となります。
仕事内容・主に指宿中央通商店街を中心とする中心市街地の4通り商店街の空き店舗の解消の検討・立案・実施
・空き店舗活用者の誘致
・空き店舗を活用したイベントの開催
・「グルメ(食べ歩き)ストリート」の確立
・新規グルメ、お土産品の開発
・グルメPRを含むイベントの企画
・消費税免税制度を活用した外国人旅行の誘客
・インターネットを活用した情報発信(ブログ、SNS等)
・地域資源を活かした特産品や観光商品の企画、PR
・創業支援
・商店街の賑わい造りの企画・運営
・商店街イベントの企画・運営と商店街単独開催に移行するよう市と商店街の媒介役
・移住・定住の支援に関すること など
勤務時間基本的に週5日(月曜日から金曜日まで)の8時30分から17時00分(7.5時間)までとします。ただし、必要に応じて休日(祝日)活動を行うことがあります。

※1 活動を土日や祝日等に行う場合は、土日等を含めた週5日勤務とすることも可能になります。ただし、その場合は平日を週休日とすることになります。なお、休日に出勤した場合は、代休扱いとする措置を講ずることになります。
※2 活動時間が早朝や夜間になることが多い場合は、1日の勤務時間を5時から22時の間で7.5時間とすることも可能です。
応募資格(1)年齢20歳から60歳までの男女(平成29年4月1日現在)
(2)3大都市圏、政令指定都市、都市地域、又はそれ以外の条件不利地域のうち条件不利区域以外の区域に在住の方
(3)普通自動車運転免許証を有している方(自動車等の購入を検討される方は、指宿市内業者の紹介も致します。)
(4)Word、Excel、PowerPoint、インターネットの基本的なパソコン操作ができる方。インターネットを活用した地域の魅力発信(ブログ、facebook等)が得意な方
(5)地域になじみ、心身ともに健康で、明るく社交的で、地域住民と協力しながら地域活動に取り組める方(居住地の自治会に加入していただきます。)
募集期間2017年4月1日~2017年5月12日
選考プロセス(1)第1次選考
(書類選考) 地域おこし協力隊応募用紙を記載のうえ、指宿市へ提出。
「応募動機」「どのような取り組みを行いたいのか」等を記載していただきます。

【応募書類提出先】
〒891-0497
鹿児島県指宿市十町2424番地
指宿市役所産業振興部商工水産課商工運輸係

(2)2次選考(面接) ※6月下旬予定
第1次選考合格者を対象に面接を行います。
詳細については、対象者に別途連絡いたします。

(3)最終結果
最終結果は、電話もしくは文書にて対象者に通知します。
問い合わせ先産業振興部商工水産課商工運輸係 担当:迫・宮地
〒891-0497 鹿児島県指宿市十町2424番地
TEL:0993(22)2111 (内線312・313) FAX:0993(23)4987
URL:http://www.city.ibusuki.lg.jp/
備考・その他 参考ホームページ 鹿児島県指宿市 https://www.city.ibusuki.lg.jp/

ご応募・お問い合わせ
  • Share on
このページのTopへ