はじめてみる{ 聞く }
Update on 2017.04.19

東京通いも起業もできる?小田原で暮らす

2017年5月31日(水) @ LODGE(Yahoo! JAPAN)

参加する

神奈川県西部に位置する町、小田原市。
箱根旅行での通り道、小田原城がある場所、そんな観光地のイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
今回は、「暮らす場所」として小田原市を見てみませんか?


小田原駅は新幹線が止まるため、新幹線なら東京駅まで約30分、新横浜駅までは15分ほど。また、小田急ロマンスカーを使えば約1時間で都心にアクセスできちゃいます。

そのため、都心に通勤しながら、海・山・川に温泉あり!な暮らしが実現できる。都市部へのアクセスが良好な”ニア東京”の中でも、家賃相場や坪単価が安いのも大きな魅力なんです。新幹線代を入れても、トータルで見ると生活コストが抑えられ、しかも都内より断然広い家。
田舎に住みたいけど仕事の都合上、都心から離れられない…なんて方にはぴったりな場所かもしれません。

また一方では、小田原市には起業家やベンチャー企業が多く、行政と民間企業、クリエイターたちによる「第3新創業市」という一大プロジェクトが動いていたりと、「創業のまち」としての盛り上がりも見せています。


TURNS、Yahoo!JAPAN、小田原市でイベント開催!


そんな小田原市に移住し、好きなことで起業をしている方や、小田原を盛り上げているプレイヤーをゲストにお招きして、暮らし方や働き方、今起きている面白い動きなど、小田原市の魅力を語っていただくトークイベントを開催します!

トークが始まる前(18:00〜)から、小田原市の名産品の販売、ふるさと納税についてのPRや、返礼品の展示等も行われます。こちらも併せてご覧ください。


※イベントの内容は未確定な部分がございます。追加・変更があった際、随時更新いたします。



Information
開催日2017年5月31日(水)
時間18:45〜20:30(18:00開場)
会場LODGE(Yahoo! JAPAN)
地図
住所東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー ヤフー株式会社
アクセス東京メトロ永田町駅 9a出口直結
東京メトロ赤坂見附駅より 徒歩1分

東京ガーデンテラス2F受付よりエレベーターにて18Fまでお越しください。
会場は階段で17Fに降りた先、右奥のスペースになります。
参加費無料
主催小田原市、Yahoo! JAPAN、TURNS(株式会社第一プログレス)
内容・小田原市の紹介
・ゲストトークセッション
・参加者を交えての質疑応答
・ゲストを交えてフリートーク交流会
参加方法「エントリーする」ボタンより参加申し込みください。

※入場にはヤフー株式会社より発行される入館用QRコードが必要です。
前日にメールにて送付されますので、QRコードを印刷してお持ちいただくか、もしくは携帯電話でバーコードを表示してお持ちください。


Guest & Point
竹内 絢香(たけうち あやか)
「パンとくらし」代表取締役・料理家
奈良県生まれ。二児のママ。
結婚を機に勤務先のホテルを退職。通っていた料理教室の講師に転職し、低温長時間発酵のパン教室開業を目指す先生向けの「パン教室養成講座」を自宅でスタートし、その後株式会社「パンとくらし」を起業。全国から生徒が集まる人気講座となっている。

http://ameblo.jp/ayapan39/
山居 是文(やまい よしふみ)
株式会社旧三福不動産 共同代表 

1978年、小田原生まれ。東京農工大学農学部卒業。
元中華料理屋だった空き店舗をリノベーションしたコワーキングスペース「旧三福」を運営。新たに何か始めたい人がチャレンジしやすい物件を提供すべく2014年9月株式会社旧三福不動産を創業。物件仲介、リノベーション、プロデュース、デザイン、プロモーションなど地域で何かを始めるために関わるもろもろが仕事。

http://93estate.com/
中川 あゆみ(なかがわ あゆみ)
小田原市役所企画政策課
富山県生まれ。京都大学卒業後、勝手に小田原市に運命を感じ小田原市役所に就職と同時に移住。
以来、地元商店街関係者との活動を中心に、自然豊かな地域の団体、都内の大学生など、様々な方とコラボしながら、小田原暮らしを楽しむ企画を実践している。

参加する
  • Share on
このページのTopへ