saitama
はじめてみる{ 体験する }
Update on 2016.10.24

埼玉をおもしろくする人々と出会う1日。

2016年11月26日(土)

先日ご紹介した「埼玉の魅力を再発見して、農を身近に感じる2日間。」に続き、
埼玉の魅力を見つめなおすツアー第2弾は、いま注目してほしい2つのまちを巡ります!

「いきなり移住は難しいけど、まずは自分の暮らし方を見つめてみたい。」
「どうせ住むなら面白いまちに住んでみたい!」
「まち暮らしに興味ある!」
「会社に勤めながらも、自分の畑を持ちたい」
「北本出身です!」「川越出身です!」などなど…

埼玉なら今ある暮らし方を続けながらも、畑や田んぼの農ある暮らしをすることも可能です!
埼玉を見直して、暮らす場所の一つとして選択してくれる人が一人でも増えたらいいなと思っています。

”身近なようで、意外と知られていない!”
そんな埼玉で暮らし、埼玉を楽しんでいる方々に密着する1日

「実は、埼玉ってこんなに豊かに暮らせるんだよ」そう感じてもらえること間違いなしです。
嘘だと思ったら、ぜひ参加してみてください。




nanber1

市民活動でもりあがる郊外のまち「きたもと」を探る


atelierhouse
空き家だった1軒家を改装し、北本アートプロジェクトの拠点として生まれたのが「きたもとアトリエハウス」。現在は地域の人々やアーティストたちが集い、それぞれがやりたいことを叶えるスペースとして活用されており、部活動のような形で主体的な活動の輪が広がっています。何もないふつうの郊外のまちで、少しずつゆるやかなコミュニティが繋がって住む人々が自らまちの暮らしを楽しめる、それが北本の魅力のようです。

ツアーでは、そんな北本のまち暮らしを体感するべく、「きたもとアトリエハウス」と周辺の活動現場を見学します。当日はきたもとアトリエハウスのメンバーが主催する展示会やフリーマッケットも同時開催予定とのこと!ぜひ北本の暮らしを体感してみてください。

kitamoto
そしてランチには、きたもとアトリエハウスとも連携して活動を行っている「北本市観光協会」の活動のひとつ、雑木林での「旅するピザ釜ランチ」を体験!北本市に点在する雑木林の活用方法の一つとして設置された動くピザ釜で、ランチを楽しみます。


nanber2

歴史あるまち「小江戸・川越」を支える人々の想いに触れる


kawagoe-premium
観光地としてのイメージが強い川越のまち。そんな川越のまちで暮らす人々を取材していくフリーペーパー「kawagoe premium」をご存知ですか?観光マップやお土産の特集はたくさんあるけれど、川越で暮らす人々が読めるオシャレな雑誌がない!そんな想いを抱いた櫻井印刷所・4代目社長の櫻井理恵さんが、代々続けてきた印刷技術を生かしながら新しくチャレンジしたのが創刊の始まりです。そうして生まれた「kawagoe premium」は、川越のまちに暮らす人々が手に取りたくなる内容づくりにこだわっており、独自の視点や地元ネタが詰まっていて、観光では分からない川越の意外な一面を知ることができます。

ツアーではそんな櫻井さんアテンドのもと、同じく川越のまちを盛り上げている人々の現場を巡っていきます。

pa060961
1人目は、国内外でも注目を集めるクラフトビール「COEDO」の仕掛け人・コエドブルワリーの朝霧社長。昨年オープンしたコエドブルワリーのラボを訪問しながら、コエドブルワリーと川越のまちの関わり方など聞いていきます。社長直々に説明していただきながら、ここでしか飲めないcoedoビールを飲んだ日には、川越ファンになってしまうこと間違いなし!

2人目は、川越のブランド肉となっている「小江戸黒豚」の繁殖から飼育・加工まで一貫生産で畜産業を営む大野農場さんの若旦那・丈往さん。自らを雑用係と名乗り大野農場とファンを繋げている丈往さんに農場や店舗を案内してもらいつつ、サラリーマンから農家に転身した今だからこそ語れる苦労話や川越のまちへ婿入して感じることなど伺っていきたいと思います。



Information
開催日2016年11月26日(土)
時間10:00〜18:00
地図
アクセス【当日の集合場所について】
11/26(土)AM10:00 JR「北本駅」西口
(解散場所は、川越駅の予定です)

※集合・解散までの交通費は自己負担にてお願いいたします
定員20名 ※先着順
参加費1,500円(税込/事前振込)
※参加費には、現地での移動交通費・飲食代・体験費が含まれます
主催近畿日本ツーリスト株式会社/企画協力:TURNS(第一プログレス)・埼玉県


Time Schedule
11/26(土) ※行程は変更になる場合がございます。
10:00 北本駅集合
10:15 「きたもとアトリエハウス」にて、イベント見学&周辺散策
12:30 雑木林で「旅するピザ釜」ランチピクニック
14:00 川越へ移動
14:30 「コエドブルワリー」ラボ見学
16:00 「大野農場・ミオカザロ」農場見学
18:00 川越駅 解散予定
18:30 自由参加にて、懇親会開催予定(費用は別途徴収) 


Guest & Point
watanabe
きたもとアトリエハウス/渡部勇介さん
埼玉県北本市生まれ。写真学校卒業後、地元、埼玉県北本市に戻り、カメラマン、地域型アートプロジェクトの運営、現代美術作家の制作補助、自主イベントの企画運営、ミュージシャンのツアーマネジメント、ライターなど様々な経験を経て、2013年中頃よりきたもとアトリエハウスに関わり始める。企画の運営やマネジメントを行う。並行して2014年より、埼玉県内のこだわりの飲食店や工芸作家などと協力し、イベント「縁側日和」を立ち上げる。自身も出張写真館、束ノ間写真館をはじめる。また2015年より北本市観光協会と協力し、春の森めぐり、夏のMORIMATSURIの立ち上げ、企画運営に参加。おもしろいことを増やすために、日々活動中。
sakurai
株式会社櫻井印刷所・取締役社長/櫻井理恵さん
小江戸・川越で創業93年の歴史ある櫻井印刷所の4代目社長として活躍している理恵さん。3人のお子さんを持つママでもありながら、社長としての仕事をこなす一方で、自らが編集長となり、フリーペーパー「kawagoe premium」を発行している。生まれも育ちも川越という理恵さんは、一度は川越を離れ東京で勤めていた頃もあるそう。ただ、離れたからこそ川越の良さも実感し4姉妹の長女として家業を継ぐことを決意し、今に至る。「kawagoe premium」は、川越のまちに暮らす人々が手に取りたくなる内容づくりにこだわっており、観光地だけではない川越の面白さが楽しめる。http://kawagoepremium.com/

申し込み受付を終了しました。
  • Share on
このページのTopへ