hitachiota2
はじめてみる{ 体験する }
Update on 2016.06.15

家族で過ごす「里山時間」体験ツアー

2016年7月30(土)・31(日)/1泊2日

どこにでもあるような里山にある、ここにしかない時間。


見渡すかぎり田園風景が広がる茨城県・常陸太田市。
森や生き物と寄り添いながら暮らすこの場所は、
こどもとおとなの距離も近いように感じます。

大自然で出会える、里山からの贈り物。
顔の見える食材と、五感を通して味わえるごはん。
地域に根付く人々の笑顔や、暮らし。


この日だけは、携帯電話もゲームも置いて、自然と家族と向き合ってみませんか?

東京から2時間の場所にある、この大自然へ飛び込んだら
きっと、ここで暮らす人たちがこの地を選んだ理由も見えるかもしれません。

夏休みの思い出に、地方暮らしの体験に、里山時間を味わいに、ぜひ。


ツアーで体験できること

nanber1  里山の自然を思いっきり堪能する


常陸太田市は、里山原風景が残る大自然に抱かれた場所。豊かな水と澄んだ空気が作り出す自然は、生き物にとっても人にとっても心地よい場所となっています。今回は、里美地区で活動する折橋芸(能・農)部の方々が管理する里山で、カブトムシなどの生き物に触れるチャンスも。森のなかで食べるランチも格別です!!


nanber2  現地で活動する人々と交流する


折橋芸(能・農)部のメンバーを始め、アーティストインレジデンス事業で活動するアーティストのなるさんの工作ワークショップや、Uターンをして飲食店を営む「なごみ家」の川上さんなど、地域を盛り上げている方々の現場を体感しながら、里山での暮らし方をのぞきます。


nanber3  家族の時間を大切にする


今回のツアーは、家族で体験してもらうことをコンセプトにしています。そのため、大人だけ、子どもだけが楽しいプログラムではなく、”親子で一緒に楽しめる時間”を作れるように現地の方ともスケジュールを組みました。里山の自然に癒されながら、ゆっくりとした時間のなかで家族について考える機会にしてください。



Information
開催日2016年7月30(土)・31(日)/1泊2日
宿泊里山ホテル ときわ路
地図
定員親子7組 ※先着順
参加費こども 5,000円/おとな 8,000円(税込)
※宿泊費/食事代(1日目の昼夕、2日目の朝昼)/交通費/体験費 含む
主催企画協力:株式会社第一プログレス(TURNS)/旅行企画・実施:近畿日本ツーリスト株式会社


Time Schedule
【1日目】7/30(sat) ※一部、変更する場合もございます
8:30  東京駅集合(その後、貸切バスにて現地へ移動)
※11:00 常陸太田到着(現地集合の方がいれば、合流)
12:00 里山ピクニック/昼食
13:00 いきものに触れる、森あそび
15:00 森の材料を使った工作ワークショップ
17:00 里山ホテルときわ路(宿泊)
18:00 BBQ&交流会
【2日目】7/31(sun)
10:00 収穫体験
11:30 採れたて野菜のランチ
14:00 地元食材のお買い物
17:00 東京 解散予定


Guest & Point
市外へのアプローチ(水戸にて「あなただけのお地蔵さまを作ろうワークショップ」)
常陸太田アーティスト・イン・レジデンス
(地域おこし協力隊)なるさん
茨城県牛久市出身。大学卒業後、群馬県にて小学校の先生として勤務。先生時代に制作した算数の紙芝居をきっかけに「絵本作家」という第二の夢を見つけ、その夢を追うように、2014年4月より常陸太田アーティスト・イン・レジデンスへ。活動拠点の里美地区に伝わる地元の昔話「里美むかしむかし」を活かした立体作品や紙芝居の制作、地域のこども達と共にワークショップを行うなどアートを通して、内外的に地域の発信を担っています。任期3年目となる現在は、活動を通して感じたことを一冊の絵本として制作中。
ツアーでは、子どもも大人も楽しめる工作ワークショップで、なるさんの活動を体験していただきます。

《※「アーティスト・イン・レジデンス」とは》
アーティストたちが一定の地域に滞在し、住民と交流を図りながら、制作活動やワークショップなど芸術活動を行っていく事業のこと。常陸太田市では2013年より地域おこし協力隊としてアーティストの受け入れを行っています。
_DSC0143
折橋芸(能・農)部の皆さん
平成10年に地元の活性化を目的として、常陸太田市折橋町在住の芸(民舞)と農(農業)をこよなく愛する、60〜70代を中心とした11人のメンバーで結成された団体です。地域で耕作放棄地となっていた畑を活用しそばや小麦などを栽培、地元のお祭りや敬老会で民舞と料理を振る舞う活動を行っています。また、山に放されたカブトムシを捕獲する「カブトムシの里」は3年目を迎え,地元の幼稚園児や小学生をはじめ市外からの来園者も含め約500人の子供たちに自然体験を提供しています。
ツアー初日は、そんな折橋芸(能・農)部さんの現場を訪れ、森の中で食べるランチタイムやカブトムシの触れ合い体験など、都会では味わえない時間を過ごしてもらいます。
004
なごみ家 店主・川上正明さん
常陸太田市(旧水府村)出身。大学時代に居酒屋でアルバイトをしたことがきっかけで、飲食の楽しさに目覚め、将来は地元で居酒屋をやりたいと志す。大学卒業後は、県内の飲食チェーン店で11年間勤務し、平成23年7月に念願叶って常陸太田市に「DANRAN SHUKA なごみ家」を開店。毎日何気なく食べていた地元野菜の美味しさを伝えるため、地元の農家さんで採れた新鮮野菜を使い、地産地消の茨城県産食材にこだわっています。また、子供も大人も大好きな唐揚げで常陸太田市に笑顔を増やしたいという想いから『太田ザンギ』を誕生させ、肉汁がジューシーな柔らかくておいしい唐揚げは、人気の看板メニューとなっています。
ツアーでは、2013年に立ち上げた「なごみ家ファーム」で、野菜の収穫体験&採りたて野菜を試食して頂き、食の豊かさを感じてもらいます。昼食には、なごみ家で大人気の太田ザンギのスペシャルランチもご用意!
_MG_4444
里山ホテル ときわ路(宿泊先)
里山の魅力を活かしたライフスタイルを発信する「里山ホテル ときわ路」。2007年に旧国民年金健康保養センターを買い取り、リノベーションして2013年に「里山ホテル」として生まれ変わりました。単なるホテルとしての機能だけではなく、人の営みと自然の生態がともに支えあう生き方を大切にした「里山3.0」というビジョンを掲げ、敷地内に用意した菜園「里山ポタジェ」や人気の里山グランピング「マッシュルームキャンプ」など、様々な形での里山体験を提供しています。
当日はホテルとしての宿泊するのはもちろん、循環型の仕組みを体験してもらえる地産地消の里山バーベキューを味わいながら、勤務している移住者も含めて交流します。

申し込み受付を終了しました。
  • Share on
このページのTopへ