はじめてみる{ 聞く }
Update on 2018.02.01

子育て中の人も、これから子育ての人も。地方だからできた、自分らしい子育てと働き方。

2018年2月24日(土)  @ LEAGUE有楽町

参加する

都会で働き、毎日慌ただしく子育てをしているお母さん・お父さん。
「もっと楽しく子育てしたいな」
「子供を叱ってしまう自分が嫌だな」
「仕事もちゃんと頑張りたいな」
そんな思いを抱いている家族も多いのではないでしょうか。

街中や、駅で、怒った顔のお母さんを見ることが度々あります。
頼れる人が周りに少なかったり、電車や賃貸住宅で肩身の狭い思いをしていたり。
知らず知らずに、精神的な余裕がなくなっているのかもしれません。

「こどもには、元気にのびのび育って欲しい。」
そう願ってはいるけれど、周りの目が気になって、つい大きな声を出す我が子を「静かに!」と叱ってしまう、そんな経験のある方も少なくないかもしれません。

そして都会で働く、いつか子供が欲しい私たちも。
「出産後も仕事は続けられるのかな。」
「保育園や幼稚園に預入れるんだろうか。」
「家族向けのマンション、家賃払う余裕あるのかな…」
なんて、数えだしたらきりがないくらい多くの心配を抱えています。

そんな、子育て中のお母さん、お父さん、悩める未来のお母さんにも。
豊かに暮らすヒントをお伝えしたいと思います。

写真はイメージです




豊かな自然や食、伝統文化が息づき、教育にも熱心な秋田県。
ここには、豊かな子育てができる環境があるようです。

「家族ではじめる秋田暮らしの会」では、夫婦で移住した竹内夫妻をゲストに、秋田の暮らしや子育て環境を探っていきます。

ゲスト・竹内治子さんは、地域で子育て中のお母さんを支えるスペース「んなのいえ」を立ち上げました。
身内や先生以外でも、些細なことが相談でき、助け合える人がいるってこころ強いですよね。

「んなのいえ」は秋田弁で「みんなの家」という意味。地域住民やお母さんが気軽に集える居場所。台所やミシンもあり、食事をしたり、手芸や味噌造りなどの手仕事を楽しめる


(株)ラウンドテーブルが入居するシェアオフィス「BABAME BASE」からの眺め(五城目町)

夫の健二さんも、森のようちえんの運営サポートなどの「子育て・女性支援」や、「地域活性化」「組織開発・人財育成」に取り組む(株)ラウンドテーブルの代表を勤めています。
活動的なお2人ですが、実は4人の息子を持つ親でもあります。

移住してからは、育児ストレスが大きく減ったという治子さん。こうしたプロジェクトを立ち上げられたのも、人のために動ける気持ちの余裕があるからこそだと思います。
こどもも大人も、暮らす場所で人は変わるのかもしれません。

竹内さん夫婦の暮らしに、豊かに生きるヒントがるのではないでしょうか?




また、ゲストと皆さんの交流の時間もご用意。そこで人と人を結んでくれるのは、日本のソウルフード「おむすび」
参加者もゲストも一緒におむすびを握りながら、交流を深めていきましょう。


美味しいおむすびを作るには、お米の炊き方や握り方、“想い”にポイントがあるそうです。そのコツを山角やさんがレクチャーしてもらいます

秋田の暮らしっていいな、もっと知りたいな、と思ったら、相談コーナーを利用してみてください。能代市・にかほ市・八峰町の3つの自治体のほか、秋田好きな女性グループ「秋田女子ぃーず」メンバーや、県の職員ともお話ができます。

また、写真家 秋本 翼さん、岩倉しおりさん撮影による、秋田の風景写真も展示。こちらもとっても素敵なのでぜひみていただきたいです。

岩倉しおりさんの写真。冬の秋田を撮影

いつか子供が欲しい人、子育て中の方や、これから2人目,3人目を考えている人も、秋田の子育てを通じて、これからの生き方のヒントを見つけにきてください。




お子様と一緒にご参加の方へ

イベント当日は保育士による託児スペースをご用意しております。
こちらは定員10名までとなっており、事前予約制になります。
事前予約のない方の当日参加もできますが、お子様をお預かりすることはできませんので、ご了承ください。

事前予約の方で託児スペースご利用の方は、下記をご確認ください。

<ご利用条件>
・1歳以上のお子様
・予約必須 2/21(水)までにご予約ください
・定員10名

<保護者様へのお願い>
①飲み物をお持ちいただく場合、必ずお子さまのお名前をご記入ください。
②オムツ替えが必要なお子さまの場合、オムツ交換用のバスタオル、オムツ持ち帰り用の袋をご用意ください。衛生管理のためご協力をお願いいたします。
保育カードは事前にご記入いただき、当日受付にてご提出ください。
 →保育カードはこちらをクリックしてダウンロードしてください。
④託児スペースは土足厳禁です。また、お子さまがマットの上で滑らないよう靴下はお脱ぎいただきます。
⑤どうしても託児スペースで過ごすことが難しいと保育スタッフが判断した場合、保護者様にお返しすることがございますことを、ご了承ください。
⑥お子さまのお名前を判別するため、シールを貼らせていただきます。シールを貼っても大丈夫な服装でお越しください。
⑦受付前にトイレ・オムツ替えは済ませてからお越しください。

<その他>
予約時にいただいたお子様のお名前を元に、弊社(株式会社第一プログレス)で保険(傷害保険&賠償責任保険)に加入いたします。



Information
開催日2018年2月24日(土) 
時間14:00〜17:00(13:30受付スタート)入退場自由
会場LEAGUE有楽町
住所東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
定員40名(大人30名・子供10名程度)
参加費無料
主催秋田県庁、第一プログレス(TURNS)
内容・ゲストトーク
・市町村対抗 クイズタイム
・秋田の食材を使ったおにぎり作りワークショップ
・交流会
・秋田の風景の写真展(写真:秋本翼さん・岩倉しおりさん)
・移住相談ブース(能代市・にかほ市・八峰町)
・秋田女子ぃーずブース

☆託児スペース付き(要予約)
☆入退場自由
☆お土産付き
オリジナルマスキングテープ・コースター・ぬりえ付き「いじゅうちょう」など、遊び心満載のアイテム

参加方法エントリーフォームより申し込みください。
託児スペースご利用の方は、要予約となります。


Guest & Point
竹内健二さん
神奈川県横浜市で生まれる。
企業向けの社員教育や組織活性化のコンサルティング等を手 掛ける(株)ラウンドテーブルの代表。妻と4人の男の子と共に 2014年に鎌倉から秋田市へ移住。その後2015年8月に五城目の奥地・恋地集落の一軒家に移り住み、集落の平均年齢の低減に大きく貢献。
わんぱくな息子4人は里山でのびのびと育ち、今では地元の子どもたちよりもたくましい体格に!
竹内治子さん
東京都葛飾区柴又で生まれる。
秋田県に移住後、母のためのボランティア団体「ここはぐ」の副代表、子どものための「里育園ぐるりのこと」の代表を務める。2017年、子どもたちを育てるママ/パパたちが、「子育ての不安」を解消できるように、助け合いの拠点となるコミュニティスペース・ワーキングスペース「んなのいえ」を設立。
山角や(SANKAKUYA)
出張先でお寿司屋さんのようにネタを並べ、一つ一つ丁寧にむすぶ。日本各地の食材をアレンジして日本人のソウルフード「おむすび」の新しい魅力を提案するべく、ケータリングやワークショップ、メニュー提案、商品開発などを行う。メンバーグラフィックデザイン、映像をはじめとしたクリエーティブチームで構成。
大塚 眞さん 
株式会社toiz 取締役
とかトコ地域編集部 編集・ライター
全日本まくら投げ大会 インストラクター
北海道札幌市生まれ、神奈川県横浜市出身。
東日本大震災復興支援活動を経て、2012年3月に地域プロモーションを行う「株式会社toiz」を設立。
着物の洋装ブランド化事業、廃校・空き家の利活用、移住・関係人口促進など地域課題を背景にしたプロジェクトを運営。
伊豆半島や新潟県十日町市を中心に事業を行いながら、地方の魅力を発信するライター・ファシリテーターとしても活動中。

参加する
  • Share on
このページのTopへ