はじめてみる{ 聞く }
Update on 2017.05.19

ばんごはんを食べながら。知る・触れる・味わう福島県磐梯町。【TURNSカフェばんだいまち】

2017年6月14日(水) @ TURNSコミュニティスペース

参加する

会津磐梯山とそば畑

2017年6月14日夜に、ターンズカフェばんだいまちを開催します。

ばんだいまちは、福島県会津地方に位置します。宝の山と唄われる「会津磐梯山」の麓にある人口3600人ほどの町です。
豊かな自然と名水に恵まれたばんだいまちでは、カメラレンズの製造や酒造りなど、澄んだ空気と水を生かした産業が盛んです。
そんな美しい自然環境に育まれながら、お米や果物、様々な農作物がすくすくと育っています。

今回のターンズカフェでは、そんな磐梯町産の食材を使った、晩ご飯ならぬ“ばんごはん”をご用意します。
TURNSカフェばんだいまちは、美味しい“ばんごはん”いただきながら、磐梯町に触れる会になっています。

ゲストには、磐梯町で自然を相手にお仕事をされている2人をお招きします。磐梯町の自然のこと、暮らし方や働き方、磐梯町で暮らし始めた理由などを伺いながら、ゲストを通して磐梯町の魅力を探っていきましょう。
また、磐梯町のハーブ使った植え付けワークショップも開催いたします! 食べたあとは手を動かして、磐梯町の小さな自然に触れてみましょう。



ばんごはんのメニューの1つは、磐梯町産のハーブ農家「FLOS HERBA」のハーブを使ったスペシャルなハーブカレー!
ゲストの斎藤さんが営むお店「カフェ煙突の木」から、イベント限定メニューをご用意していただきます。米処として知られる会津のお米と一緒にどうぞ。
他にも、磐梯町自慢の味をいくつかご用意いたします。何が出るかはお楽しみに!




自然好きな都会のみなさん、週の真ん中水曜日、仕事帰りに磐梯町の自然にちょっぴり触れてみませんか?


7/29〜30、10/21〜22には磐梯町へのツアーも開催されますので、ここで磐梯町が気になった方は、今度は足を動かしてぜひ現地に行ってみて下さい。



Information
開催日2017年6月14日(水)
時間19:00〜21:00
会場TURNSコミュニティスペース
地図
住所千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル9階 株式会社第一プログレス内
アクセスJR有楽町駅より徒歩1分
定員30名
参加費1000円
磐ごはんプレート+ワークショップのお土産付き
主催会津磐梯町


Guest & Point
齋藤 誠さん
ハーブ農家「FLOS HERBA」/「カフェ煙突の木」マスター

震災後、家を建てたのがきっかけでハーブに興味をもち、ハーブコーディネーターの資格を取得。
その後農業法人での研修を経て、独立し、ハーブ園「FLOS HERBA」を立ちあげる。
イベントで出店したのがきっかけで、カフェをやってみないかとお声をかけていただき、2016年に「カフェ煙突の木」をオープン。
カフェが休みの日はハーブなどの苗を栽培し、カフェ煙突の木があるRoots猪苗代内の「森のお花屋さん」で販売している。

Roots猪苗代 http://roots.jp/
今野 万里子さん
特定非営利活動法人おーでらす代表理事
1975年東京生まれ千葉市育ち。

動物が好きで、進路選択でペットか野生動物か悩んだとき、母の薦めで、できたばかりの専門学校(現環境工科専門学校)に入学。野生動物を含めた自然環境について学ぶ。卒業後は野生動物調査会社のアルバイトを経て、長野県軽井沢町のNPOピッキオでツキノワグマの保護管理業務にたずさわり、人と野生動物の問題に直面する。

その後、冬季異動で訪れた磐梯町の自然と人の温かさに惚れ込み、磐梯町へ移住。自分のスキルを活かしながら、会津地方の役にたちたいと思い、「人も自然もイキイキと暮らせる地域づくり」をコンセプトにしたNPOおーでらすを友人と立ち上げ、代表理事を務める。

おーでらすhttps://www.ohderasu.com/


参加する
  • Share on
このページのTopへ