01
よんでみる{ トピックス }
Update on 2016.03.31

”三重移住系MOVIE”第2弾!「ミエタカラ」公開されました

三重県は、紀伊半島の東部に位置し、
太平洋沿岸に沿って南北に細長くのびています。
北東には伊勢湾が広がり、志摩半島から熊野灘に至るリアス式海岸、
日々ヶ岳(大台ヶ原山)を中心とした紀伊山地には貴重な原生林も残っており、
多彩な風土のもと、美しく豊かな海、山、川の自然に彩られています。

その一方で、中京や関西圏ともほど近く、地方都市としての機能も備えながら
先端技術を駆使した産業や化学コンビナートなどの企業も多数あり、
産業拠点としても発展してきました。

また、伊勢神宮や世界遺産の熊野古道など自然と融合した古くからの歴史・文化も残っており、
まさに、自然・文化・都市が融合した多彩なライフスタイルが叶えられる場所なのです。


三重県への移住を応援するサイト 『つづきは三重で』

そんな三重県は、地方創生、人口減少対策に取り組んでおり、
大都市圏の20代・30代を対象に、三重県への移住促進を進めてきました。
その中でチャレンジしている新しいプロジェクトが、
つづきは三重で」で行っている 「三重移住系MOVIE」 です。

ちなみに『つづきは三重で』とは、
”ターゲットの持つ夢や希望を実現するための解決策”が「三重を選ぶ」ことであり、
人生の「つづき」のステージは ”三重にあること” をメッセージとしています。


「三重移住系MOVIE」の第1弾では、“三重Uターンサミット“と題して、
三重県にゆかりのあるタレントたちが集まり、三重の話題で盛り上がっていく中で、
Uターンしたい欲求が高まっていくというお話。

今回の第2弾では、 “Iターン就職” がテーマとなっており、
三重県に縁もゆかりもない6人の男女が三重で共同生活をしながら、
新しい自分探しをしていく人間ドラマを映し出しています。


第2弾「ミエタカラ」のあらすじ・・・

この動画は、架空の人気観察バラエティ番組「ミエタカラ」(提供:三重県)のスペシャル版という設定で、
「ISE YASHIKI」で共同生活する6人のドキュメントシーンと、
その様子を観察トークするスタジオシーンで構成されています。

「ミエタカラ」は、都会からやってきた男女6人が、三重県伊勢志摩で共同生活しながら、
三重ならではの豊かな自然や人の温かさに見守られながら再就職をめざしていく姿を伝えていく番組です。

_prw_PI1fl_VT2NFB3V
番組の舞台は三重県伊勢志摩。
県が提供するのは、さまざまな再就職先と、オシャレな古民家「ISE YASHIKI」。
再就職が決まったら、「ISE YASHIKI」を卒業するのがルールです。

今回の内容では、強烈なキャラクターである主人公の浅井純平(通称:JP)が、
他のメンバーと出会い、挫折や恋愛を経験しながら、三重で漁師として生きていくことを決意し、
「ISE YASHIKI」を卒業するまでのシーンをまとめた「JP卒業スペシャル!!」となっており、
斬新な移住系感動ムービーに仕上がっています。

ちなみに、タイトルにある「ミエタカラ」は、JPのセリフ「三重が見えねえ」「三重が見えてきたあ」と
三重で見つけた「タカラ」とリンクしているそう。


どんなキャストが選ばれたの?

作品にでてくる6人の男女は、三重県とはゆかりのないオーディションで選ばれた役者さんです。

_prw_OI4fl_R9BPfDEE
実際に、彼らのように三重県とゆかりのない大都市圏の20~30代の若者たちがIターン移住先として
三重県に興味を持ってもらえるよう、共感を集められる、リアルなキャスティングを重視しました。

IMG_0903
また、スタジオシーンにご出演しているタレントさんは三重県出身者、
または「みえの国観光大使」の方々です。
元ミス伊勢志摩であり現役の海女さんでもある中川静香さんや、
みえの国観光大使として柴犬まるちゃんも登場しています。


撮影秘話などありましたら、教えてください!

リアルさを追求するため、紙の台本はなく、セリフはオールアドリブです。
役者さんの呼び名は役名の設定ではなく、それぞれ本人のものとしました。

_prw_PI3fl_hhKgWRBY
4日間にも及ぶ三重ロケを通じて本当に仲良くなり三重を楽しんだ6人の雰囲気が作品に表れています。

エキストラには本物の漁師さん、農家さんなど三重の地元の皆さんにご協力いただき、
海女に挑戦する役者さんと本物の海女さん達は、極寒の2月の海に元気いっぱい潜ってくれました。

_prw_PI2fl_V6jg841p
とても素敵に仕上がっていますので、ぜひ多くの方にご覧頂きたいです!




というわけで、三重県をよく知っている方も知らなかった方にも、ぜひ見ていただきたい作品です!
これをきっかけに今まで知らなかった三重県を発見できるかもしれませんよ?

ちなみに、主人公以外にも焦点を当てた「ノーカット版」(約40分)も近日公開予定とのことですので、
こちらもぜひチェックしてくださいね。

【第2弾「ミエタカラ」はこちら】
http://www.mie30.jp/mietakara/index.html

【「つづきは三重で」のページはこちら】
http://www.mie30.jp/index.html

  • Share on
このページのTopへ